高速バスの安全面でどんな取り組みをしているか知っておきましょう

便利なバス.net

安全面に対する取り組み

乗務員のアルコールチェック

安全に運転をするために、毎回アルコールチェックをします。もし、アルコールが少しでも残っていれば、もちろん運転を行うことができません。乗客に大きな迷惑をかけず、きちんと目的地に送ることができるようにチェックは欠かさないのです。

運行前に健康状態のチェック

健康状態が悪いと、運転に支障をきたしてしまいます。運転中に体調不良を起こすと事故に繋がる場合があるので、万全かどうかを確認してるのです。もちろん、バス会社ではチェックをしたうえで万全な乗務員を指名します。

毎日車両の点検をする

整備士が毎日車両の点検を行っています。また、高速道路のサービスエリアでも、走行中に何かトラブルは起きていないか、これからの移動に問題はないかの点検をしています。点検をこまめにすることで、整備不良にすぐ気付いて対応するようにしているのです。

ドライブレコーダーによる管理

もし、運転中に異常が起これば営業所にドライブレコーダーが映るようになっています。そして、営業所から乗務員に安全確認を行うようにして事故にならないようにしているのです。